誰か教えて!投資信託

投資信託ブログ 2007年投資の道に脚を踏み入れた初心者が、投資信託に絞り、世界同時株安に耐えつつ、主にアジア系投資信託の分配金運用により、夢をリタイアに設定した危険な投資信託ブログです。初心者の教えて投資信託ブログ、目指せリタイア分配金生活!


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 中国株へ にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ハイブリッド・エコカーの世界戦略 07/31

上海市内の淮海(わいかい)路。


歩いてみたいですね、あなたと^^


心配なのは光化学スモッグ。

でもそれは今心配なこと。

劇的な変化は車から起こりつつある現代。


トランシーバーのような携帯電話にびっくりしてから20数年、その勢い以上に車の変化がやってくる。


わたしが好きな車のエンジン音は、レコード針で奏でる音楽と化してしまう。


まるで人間にも当てはまるので困った問題・・・^^;


さて、上海では、タクシーや小型車は独フォルクスワーゲン(VW)など欧州系が目立つそう。

その一方で、ミニバンや大型車では「ビュイック」など米GM(ゼネラル・モーターズ)車が存在感を高めているそう。

原因は、中国人は気質として“メンツ”を重視するらしい。まるで金もないのに車には見栄を張るクラウン族みたい^^;


でもその中国人の面子を重んじる風潮で人気だったGMも米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請。

そこで、トヨタ自動車、日産自動車とも、収益源を北米市場に置いてきたが、北米市場への減収対応策として、新たな収益源を新興国、特に中国に狙いを定めた。

 中国での新車販売数は8.7%増の約1020万台になる見込み。年間でも世界一は必至だ。

地元・米国では不振にあえぐGMも、中国では好調だ。

中国での販売処点は上海汽車との合弁会社「上海通用」。また、広西チワン族自治区にも製造拠点を持ち、ミニバンや乗用車を生産する。

 上海通用は、上海VW、一汽VWと並び中国の販売台数でトップシェア争いを続けている。

今後5年以内に新工場も新設する計画など、米本社が破綻(はたん)しても中国での強気の姿勢は崩さない。

 一方日系メーカーは、トヨタは世界戦略車「カムリ」のハイブリッド車(HV)の中国での生産・販売を打ち出すなど「中国に大きな期待と希望を抱いている」

ホンダもスポーツカー「SR-9」の今年後半の発売を発表し、世界一の市場でアピールした。

 日産の4月の中国販売台数は、前年同月比37.1%増の6万6339台で、単月として初めて米国での台数を上回り、北米から中国へのシフトで先行しつつある。

 中国の乗用車市場では、現状で10%のシェアを確保するブランドはない。

まさに“群雄割拠”の状態で、その上、民族系と呼ばれる現地メーカーも台頭してきている。

世界一となる中国市場は最も競争が激しくなるが、そこでの覇者が世界の自動車産業で次代のメーンプレーヤーになるのは間違いない。

よく投資の話で出てくる、中国のトヨタになれるのはどこのメーカーか!

日産の好調は「東風汽車」の株価に急に反映されてきたが、これは小型車減税によるものでいつまで続くかわからない。

時代は常に動く。

のんびりしてたものだけが置いて行かれる。

人間にもしかりで、それを受け止めて動くか!それとも刹那的に受け入れるかは自分次第。

しかし、いつの歳にもアクティブではいたいものだ^^;

 お役に立てませんね?こちらはお役に立てると思います。
↓            ↓          ↓
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

温家宝からのありがたいお言葉 10/29

日本政府も最近なかなかたくましい金融政策が聞こえてきます。

あの小泉が某大学経済教授を政府に招きいれ、公的資金を注入し、バブル最安値から株価を戻したように、麻生太郎も意外と小泉に似たカリスマ性があり、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

が、これは世界の潮流ですから、戻す時は戻しますので、麻生太郎の功績にはならないかもしれませんが、強いメッセージを出すことは重要ですよね。


中国政府も、モスクワを訪問中の温家宝首相は、とにかく息巻いてきました。^^

「中国政府は多方面から内需拡大に着手する!」

金融危機については、「中国について言えば、マインドが非常に重要だ」

「それは、実体経済への影響は最小限に抑えられるからだ。」


 温首相は具体的な内需刺激策について、

「例えば鉄道建設を加速させる」

「自動車など外需企業に対して国内販売を奨励する」

「輸出などを主とするアパレル・紡績企業に対してはイノベーション強化を助け、外需の減少に対応する」

 「中国は現在多くの国民が住宅に対して一定のニーズがある。政府は多くの投資を行っていく能力がある」



中国首相が公の場でここまで具体的なコメントを発するのは珍しい。


「だから中国投資家のみなさん、安心して投資したまえ!」と伺える^^;


一方、香港経済については・・・

 香港の株式市場などに大きな打撃を与えている世界的な金融不安について、

「この状況を乗り切る上で香港に何か困難なことがあれば、中央政府は全力で支援する」と表明した。

 温首相は「中央政府は香港のことをとても心配している。香港は経済的な基盤があり管理能力が高いため、特区政府と市民がこの難関を乗り切ることができるはずだ」と述べた。

香港経済を支援するとのメッセージを香港の市民に伝えてほしい!

香港市場に投資しているおいらにも伝えてよ!

携帯番号は、090-●◎○●-△▲△▲だよ!


中国現代サービス8大産業の発展基軸 10/01

中国でいう現代サービス業とは、

金融業、物流業、情報サービス業、科学技術サービス業など八大産業を指す。

中国ではいま、これまで牽引してきた輸出産業から内部サービス業へ転換を迫られている。

それも中国の経済が発展期にある象徴ともいえるのではないかと思っている。

これまでの輸出産業に過度に依存した経済構造は転換を迫られており、製造業高度化のほかにサービス業の振興に力をいれようとしている。

ひとつに低賃金からの脱却、海外輸出の不安定、経済の成熟があげられるのでは・・・

そもそも、7月に交わされた香港と中国本土の「より緊密な経済・貿易関係に向けた協定(CEPA)」では、新たなサービス業の開放・便利化措置を促進させるとなっているらしい。

・サービス業17分野で29項目の開放・便利化措置

広東省を例に例えると、

広東省の域内総生産(GDP)に占める割合は第2次産業が約55%、第3次産業が約45%

成熟した経済体系では第3次産業が60%であるべきことから広東省のサービス業発展の余地は大きいと指摘している。

文字色
あの、世界を無視した、選挙目当てに否決したアメリカ・・・

一部では、アメリカは人口の12%の人が飢餓状態に陥っているという・・・
また、およそ6000万人のアメリカ人が1日7ドル以下で生活しているらしい・・・


それをよそめに中国はまだまだ経済ラッシュだ!

が、 環境をどうにかして!

いずれ、大河をつたい、海を越え、空を渡り、公害が日本へ上陸していく!

中国の決意 05/23

今日も香港は下げた・・・しかしある意味どうでもいい。

大陸株は後場上昇した。

通信産業 の再編ニュースでストップ高がでるなどが貢献したらしい。



一方で、四川省の都では、もう生き埋めはいないとし、市街地整備が始まったという。



なんとも、あっけないものだ・・・


中国は、ベトナムなど世界各国同様、激しいインフレの波に入ろうとしている。

強烈な原油高とそれに伴う物価上昇に四川省の地震被害がもたらす物資不足などがじわりと押し寄せるかもしれない。

しかし、一方表裏では、この市街地整備などは、オリンピックと万博を繋ぐ大きな経済要因になるやもしれぬ。


そこには、オリンピックを成功しなければならないという並々ならぬ中国の強い意志を感じる。

国家がすばやい対応をとったのも、人命からというよりも、オリンピックにからむ対外的なものに感じる。
いずれにしても、今回の教訓は、今後の中国政府の大きな財産になることとは思う。


いつも、国家の繁栄は多くの犠牲のもとに成り立っていく。


しかし、四川の人たちの深い悲しみを想うとき、つくづく生きてることに感謝するとともに冥福を祈りたい。

幾千もの遺族の深い悲しみがある、日本でもJR福知山線の遺族やサリン事件・・・・・数えれば、きりがないほどの事件や被災


今回の地震で忘れられないニュースがあった。

生き埋めの校舎のなかで、子供が親にあてた、なにかでこすりつけて書いたような手紙が遺体のそばで発見されたというニュースだ。







「お父さん・お母さん、わたしの分まで幸せに生きてください」

Final Fantasy VII Ending CGI Cutscene




頑張って生きるには充分すぎるほどのメッセージです。

香港新方向!と「新香港人」 10/20

香港新方向

なんともいい言葉の響きです。

不安に打ちひしがれる私たちに、希望を与えてくれます^^;

これは香港の曾蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官が行った立法会で07/08年度の施政報告(施政方針演説)でのお言葉。

中国本土からの投資を誘致し、国際金融センターとしての機能向上を目指す。

このほか新香港人を育成する。

身近な問題では、08/09年度の個人所得税と法人税の税率を1%引き下げるとも・・・

さらに、

  ■「進歩発展観」を提唱
・施政報告に掲げた10項目のインフラ建設

(1)南港島線(西港島線):2011年着工
(2)沙田―セントラル線:2010年着工、東九龍を経由
(3)屯門西バイパス・チェクラプコク連絡道路:2016年完工、深セン湾公路大橋(西部越境ルート)と香港国際空港を接続
(4)広州―香港間高速鉄道:2009年着工
(5)港珠澳大橋:財資金調達方法の検討を短期内に完成
(6)香港―深センの空港協力:両空港を鉄道で結ぶことを検討
(7)深セン河河川敷開発:落馬洲の立ち入り制限エリアを開発
(8)西九龍文化区:2008年半ばの条例制定、管理局を設置
(9)カイタック再開発:2012年に客船ピアの供用開始
(10)ニュータウン開発:新界北部の居住区開発

しかし、この施政報告は、今月10日のこと・・・残念。

救いは、記事掲載が10月19日号の香港ポストによるところか・・


おりしも、10月20日は中国・インド国境紛争激化の日である^^;


が、さっそく新香港人に登録。

まだまだ中国! 05/08

・・・・・・・・・・・懲りない中国ニュース・・・・・・・・・・・・

いったい急に何故?ここまでしつこいの・・・

//////////////////需給ひっ迫で成長トレンド持続//////////////////


  中国の鉄鋼セクターは、06年後半からの市況好転を追い風に07年以降も強含む可能性が高い。政府主導の生産調整(供給抑制策)を受けて、需給が引き締まっているのことがその背景。
個別では、香港上場の主力2銘柄に安定感がある。
 一方、石炭セクターを取り巻く環境も鉄鋼と同様だ。業界再編の加速で中小メーカーの淘汰が進む中、供給過剰懸念が大きく後退し始めた。

////////////////////////鉄鋼需要ひっ迫//////////////////////////


  鉄鋼価格の先高感が強まっている背景には、05年に国内の生産量がピークをつけた後、06年から供給減の基調が鮮明化しはじめたことがある。各地に乱立していた小規模の製鉄所は、エネルギー効率に欠けるだけでなく環境問題も抱えていたため、当局は新規投資案件を抑制しつつ、環境・省エネ基準に達しない既存施設を閉鎖に追い込むという厳しい姿勢で臨んだ。その方針は今も、さらに強化されている形で続いている。


  供給サイドが引き締められる一方、鉄鋼需要の方は持続的に増加。07年の第1四半期GDPが再び11%台に乗せるなど、中国経済の加速が明らかになったことで、需要が生産を上回るピッチで拡大している状態が推定される。

  産業別の需要伸び率(06~09年)は、建設(商業建設、住宅建設、鉄道)が15-20%、機械が約20%、自動車が10-20%と想定されている。

  これら主要ユーザーの鉄鋼需要が10%台後半から20%で拡大を続ける一方、供給の伸びは09年に10%台を割り込む可能性が高い。そうなれば……

////////////////////////////////////////////////////////////////
オリンピック特需が終わっても伸びをみせる記事として注目しています。
まー2010年上海万博が終わればわかりませんが・・・

それよりも、中国バブルと世界同時インフレが怖い!今日この頃・・・

ある意味がんばれ中国! 05/07

・・・・・・・・・・・・・・・中国ニュース・・・・・・・・・・・・・・・
 
 温家宝・首相は、省エネや汚染物質の排出規制の今後の対策について、高エネルギー消費、高汚染型産業の急成長を抑制する必要性を強調した。

 温首相は電力、鉄鋼、非鉄金属、建材、石油精製、化学工業などが高エネルギー消費、高汚染型産業に分類されると言及。これらセクターの急成長を抑制することが、省エネや汚染物質の排出低減を実現する上での優先課題であり、マクロ調整の重点になるとした。

 このほか、旧式生産設備がエネルギー浪費と環境汚染を招く主な原因になっていると指摘。電力、鉄鋼、建材、アルミ、鉄合金、カーバイト、コークス、化学工業、石炭、製紙、食品などの各セクターが保有する旧式生産設備の閉鎖を加速させる必要性をあらためて示した。
/////////////////////////////////////////////////////////////////

ある意味この記事は興味深いので、勢い(おいおい^^;)で載せました。
 まず、わたしなりに思うのは、京都議定書にアメリカが反対し、中国も今の経済発展の邪魔になりかねない発展産業を転換させるということを政府が認識している。(あの人種差別?抑圧政治の中国が!)
 次に、このセクターを持っている中国関連投資信託の未来は・・・

 おいおい、やっぱりこの先は「エコファンドなのか?」ということ。

なお、公害対策を図る!研究する企業はぐんっと業績アップ!なのか

また、一方「旧生産設備閉鎖」を基に、国有企業の解体化で・・・・

さらには、新生産設備関連の業種アップ!などなど・・・・・

投資信託をしているわたしには、間接影響かもしれませんが・・・目ははなせません。
お友達に教えなければ・・・

負けるな中国! 05/06

 ごぶさたです・・・・・
 しかし、投資好きにとっては、首の長~いゴールデンウィークでした。
まーただ、ひさびさのんびり家族奉仕ができました。(関門海峡のんびり)
また、悪い癖で、飲みすぎて「投資自慢」をしすぎて、敬遠されました^^;(反省)
 さて、中国もゴールデンウィークは違う意味で祝日で、明けてなにやら騒々しくなりそうです。(勘弁して^^;)

・・・・・・・・・・・中国ニュース・・・・・・・・・・・・


中国人民銀行(中央銀行)が、市中銀行が人民銀に預け入れる外貨預金準備率を現行の4%から5%に引き上げるもようだ。引き上げにより外貨建て貸し付けを抑制する狙いがあるとみられている。15日から実施される。複数メディアが8日伝える模様。

 中国の株価、特に本土市場(上海株等)の値上率等はものすごく、中国の要人が「これはバブルだ」とコメントしたぐらい^^;
 政府の金融引き締めはピリピリしており、インフレ対策・株価調整が頻繁になってきた。
 ただ、世界同時株安を体験したせいか、少々の引き締めでは事前に心づもりあるせいか、4月末調整も1日で終わった。今回もこう願いたいが・・・・。

まー中国関連投信を始めたいなーと思っている人は、このへんの下げに注視して狙ってみたらいいかも。
あーあくまでも翌日の基準価格が約定ですから^^;くれぐれも・・・
////////////////////////////////////////////////////////////////


 | HOME | 

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

フリーエリア


ジオターゲティング

最近の記事

月別アーカイブ

拍手

拍手する

最近のコメント

プロフィール

FLIPS

Author:FLIPS
ご訪問ありがとうです!投資信託に絞った投資信託ブログです。投資信託仲間募集中!
なにか、コメント等残してくださいね^^
相互リンク募集中です!ひと言コメントしてください。
SEO対策:投資信託

ユーザータグ

投資信託 酒井法子 運用 マネー 確定申告 預金 金持ち 投資  節約 貯金 吉田拓郎 ベトナム シオン 押尾学 中島みゆき 配偶者控除 福山雅治 オーバーウェイト ニュートラル アンダーウェイト インフレ率 オイルマネー 青山テルマ 騰げ 浜田省吾 SEAMO 佐野元春 騰げ相場 ボニーピンク 非流通株 Theme ファイナルファンタジー 絢香 タイ エコスタイル エコ ロックアップ 機械的投資法 MOTHER 母の日 ファイト 特需 インフレ対策 シーモ 危険な投資信託 長期投資 投資成功の法則 短期投資 リタイア インデックス投資 アクティブ投資 収益の法則 香港相場 中国投資 投信 利益確定 収益確定 投資戦略 投資判断 分配金 不労所得 CP チベット SION とうし 急騰 トウシ 危ない投資信託 インフレ キャッシュポジション 分配金落基準 再投資 2倍株 下落相場 続伸 新日本人 派遣社員制度 派遣社員 派遣 塩漬け 合成着色料 全人代 ファンタ 住宅取得控除 医療費助成制度 恋空 アイのうた 福井舞 LUCKY オバマ デフォルト バフェット Blankey Jet 大沢あかね 佐藤優 ディシディア 安全地帯 ライブ 紗栄子 整形外科枕 ガンダム無双3 さくらんぼ小学校 ひとつ屋根の下 矢田亜希子 City 子供手当 扶養控除 岡田克也 民主党 だんだん 六子 唐戸 野武士 個人投資家 馬関まつり 稲垣潤一 甲斐バンド 夏のクラクション 巨額投資家 ギャンブル ふたりの歌 酒匂川 久米宏 ET-KING ファンドマネージャー 信用取引 FX キックザカンクルー 平原綾香 ビーワィディー BYD ブログ拍手 電気自動車 バークシャー・ハザウェイ ブルーススプリングスティーン ミッドアメリカン 拍手機能 FC2ブログ フィッシュマンズ フリッパーズギター UA 忌野清志郎 FC2 長渕剛 テレビ東京 

最新トラックバック

WTI原油先物チャート

RSSフィード

フリーエリア


FC2Ad

セブン-イレブンネット
セブンアンドワイ
TSUTAYA online
アウト・オブ・ザ・マネー/アクティブ運用/アセットアロケーション/アット・ザ・マネー/アメリカンタイプオプション/歩み値/安定操作取引/イールド・カーブ/板/委託手数料/委託保証金/委託保証金維持率 /板寄せ方式/一部指定/一般気配/一般信用取引/イブニング・セッション/イベントスタディー入れ替え取引/インカムゲイン/インサイダー取引/イン・ザ・マネー/陰線/インデックス売買/売り越し/売り特別気配/受渡決済/受渡決済値段/受渡適格銘柄/内出来/売残高/売建玉/売出し(株式の)/エクイティ関連債/エドガーシステム/追証/大型株/大引け/押し目買い/オーバーアロットメント/オプション取引/終値